薬物療法がおこなわれる場合

 

糖尿病を薬物療法で治療する

 

糖尿病治療は、基本的に食事療法と運動療法、薬物療法が行われていますが、一般的に食事療法と運動療法で適切な血糖値に血糖コントロール出来ないケースに薬物療法が行われ、薬物療法には経口薬治療と注射による治療があります。

 

注射による治療法は、インスリン注射薬とグルカゴン様ペプチド-1受容体作動薬のインクレチン注射があり、インクレチン注射はインスリン注射薬に比べ低血糖や体重増加などの副作用が少なく、投与回数も週1回の投与が可能な治療薬が開発されています。

 

経口薬としては、α-グルコシダーゼ阻害薬やビグアナイド薬、スルホニル尿素薬、DPP4-阻害薬などが処方されています。
α-グルコシダーゼ阻害薬は、摂取した炭水化物が消化酵素α-アミラーゼや小腸粘膜上皮細胞の刷子縁に存在する二糖類分解酵素α-グルコシダーゼにより単糖類に分解する過程で、α-グルコシダーゼの作用を阻害する事で糖の分解を抑制し糖の吸収を鈍化させる効果があります。

 

ビグアナイド薬は、メトホルミンが肝臓に作用しAMPキナーゼを活性化させる事で肝臓での糖新生やアセチルCoAによる中性脂肪、コレステロールの合成を抑制する効果を示すインスリン抵抗性改善薬です。

 

スルホニル尿素薬は、β細胞膜に存在するGLUT2により細胞内に取り入れられたブドウ糖により細胞内にATPが濃度が上昇し、ATP依存性Kチャネルが閉じられ電位依存性Caチャネルが開口する事でインスリンが分泌されますが、ATP依存性Kチャネルに作用する事でインスリン分泌を促進します。

 

DPP4-阻害薬は、腸上皮細胞のK細胞から分泌されるグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチドやL細胞から分泌されるグルカゴン様ペプチド-1などのインクレチンを分解するDPP-4の作用を阻害し、インスリンの分泌を促進します。

 

糖尿病の薬物治療には多くの治療薬があり、現在も新しい治療薬が開発されているので、信頼出来る医療機関を選定し自分に適した材料の治療を受けるべきです。