糖尿病と妊娠について

 

糖尿病の女性と妊娠の関係について

 

糖尿病に罹患している女性の方はたくさんいますが、糖尿病にかかっているという理由から、妊娠してはいけないのではないかと悩まれている方もいます。まず、糖尿病だからといって、妊娠してはいけないということはありません。糖尿病といいますのは、遺伝する病気ではありませんので、お腹のなかの赤ちゃんに対しての影響はないというのが医学的な結論ですし、母体の影響もほとんどありません。

 

ただし、糖尿病にかぎらず、血圧が高すぎるという場合は、母体に負担をかけることがあるということは事実ですから、常に自分の血圧を把握しておくということは必要になってきます。血圧に問題がなければ、糖尿病であっても妊娠することができますし、出産にも影響がないことは確かです。このような誤解から、糖尿病の女性は妊娠できないのではないかと不安になっている方も多くいるわけですが、まったくそのようなことはありませんので安心して良いです。

 

糖尿病の女性の方は、薬などを服用している場合もありますが、薬の種類によっては、妊娠した後に赤ちゃんに影響を及ぼす可能性もありますので、薬を処方している医師に相談することをおすすめします。いずれにしましても、妊娠することは可能ですから、病気だからといって心配することはありません。

 

実際に妊娠した場合は、血圧のコントロールや薬の服用をやめるなどの対処が必要になってくる場合もありますが、赤ちゃんの健康に影響を及ぼすことはありませんので、まずは自分自身の健康管理をすることのほうが重要だと言えます。

 

いちばん大切なのは、血糖値をコントロールするということですから、日々の食生活をバランスの良いものにするということだけではなく、血糖値を下げるための食品などの摂取を心がけるということが大事です。健康管理に気を配っていれば、血圧や血糖値の値もコントロールすることができますから、妊娠してもまったく問題がないと言えるわけです。