食事は人間が生きていくために必要不可欠なものです。

 

糖尿病の原因や合併症について

 

食物から摂取する炭水化物は、体内で消化されてブドウ糖となり、血液によって全身に運ばれ私たちのエネルギー源となります。血液中のブドウ糖を「血糖」、血液中のブドウ糖の量を「血糖値」と呼び、これは肝臓から分泌されるインスリンという物質によって一定に保たれています。

 

しかし、何らかの原因でこのインスリンが十分分泌されず、体内の血糖値がずっと高い状態になってしまう病気があります。それが「糖尿病」です。糖尿病には、インスリンを作る肝臓の細胞に異常があってインスリンが作られなくなってしまう1型糖尿病(子供に多い)と、不規則な食事や運動不足、肥満などのためにインスリンの分泌が減ったり働きが悪くなってしまう2型糖尿病(中年以降に多い)、妊娠中のホルモンバランスの変化によって起こる妊娠糖尿病などがあります。

 

初期はほとんど自覚症状はありませんが、症状が進行するにつれ、のどの渇き・尿量が増える・体重減少・疲れやすくなるなどの症状が出てきます。いずれもほおっておくと重大な合併症を引き起こすリスクが高まります。合併症には大きく分けて細血管障害と大血管障害の2種類があります。高血糖の状態が長く続くと、だんだん血管がもろくなっていきます。細血管障害で特にダメージを受けやすいのが、目・腎臓・手足の神経です。

 

網膜の血管が障害されると、目のかすみや視力の低下といった糖尿病性網膜症を発症します。腎臓の働きが落ちると、尿毒症や腎不全などを引き起こし最終的には人工透析に移行することもあります。また手足の神経が障害されると痛みやしびれを引き起こし、感覚麻痺から怪我に気付かず潰瘍や壊疽を起こす場合もあります。最悪の場合、足を切断するケースもあります。
また大きな血管が障害されると、脳卒中や心筋梗塞など、重い障害が残ったり生命まで危うくしてしまう病気を発症することもあります。

 

糖尿病と診断された方、また糖尿病予備軍と診断された方は、たとえ今はなにも症状がなかったとしても、将来こういった危険が伴うことを十分理解し、早めに生活習慣の改善や医師による治療を受けることが大切です。