ヘモグロビンA1Cを下げるには?

 

ヘモグロビンA1Cを下げるサプリ・食品・方法を徹底解説

 

ヘモグロビンA1Cは、5.6%未満が正常型とされ、5.6%〜6.5%が将来的に糖尿病の発症リスクが高い予備軍と考えられ、6.5%以上が糖尿病型と診断されています。ヘモグロビンA1Cは、糖尿病の診断基準であり生活習慣病なので、有酸素運動による運動不足の解消や栄養バランスのとれた食生活、サプリメントの服用、禁煙などの生活習慣の改善がヘモグロビンA1Cの数値降下に有効とされています。特にイヌリンや5-アミノレブリン酸、サポニン、ピニトールなどの成分を含むサプリメントが、ヘモグロビンA1Cの数値降下の効果が期待出来るとされています。

 

イヌリンは、菊芋やタンポポ、ごぼうなどの根や地下茎に蓄えられるD-フルクトースを構成成分とする天然の多糖類であり、アミラーゼやプチアリンなどの消化酵素で単糖類まで消化されない為に食後の血糖値上昇を抑制する効果が期待出来ます。又、イヌリンは、腸内でフラクトオリゴ糖に分解され善玉菌の餌となる為、腸内環境の改善や便秘予防の効果が期待出来ます。

 

5-アミノレブリン酸は、生命体の細胞内のミトコンドリアに存在する天然のアミノ酸であり、5-アミノレブリン酸の不足は糖代謝を停滞させエネルギー代謝を低下させるとされています。その為、5-アミノレブリン酸と鉄の投与によりグルコースの燃焼や細胞へ取り込み率の増加、酸化ストレスの軽減などエネルギー代謝や糖代謝を改善する効果が期待出来ます。

 

サポニンは、血糖値抑制ホルモンであるインスリンと同様の作用を有するだけでは無く、インスリンの分泌を促進する作用があります。又、脂肪の吸収抑制作用や悪玉コレステロールの抑制作用、血液循環改善作用などもあり、糖尿病だけで無く高脂血症や動脈硬化等に有効なサプリメント成分とされています。

 

ピニトールは、アーユルヴェーダで糖尿病に有効とされて来たブーゲンビリアから抽出される水溶性ビタミンのイノシトールであり、糖輸送担体GLUT4の働きを促進し血糖値を下げる効果があります。

 

現在では、他にも糖尿病に有効な成分が数多くあるので、自分にあったサプリメントを選ぶ必要があります。

 

糖尿病食の宅配・配達ランキング

 

ヘモグロビンA1cの基準値について

 

ヘモグロビンA1Cを下げるサプリ・食品・方法を徹底解説

 

ヘモグロビンA1Cとは、血液の中にあるグリコヘモグロビンの濃度のことです。グリコヘモグロビンとは、赤血球の中のヘモグロビンと血糖が結合したものです。血液検査では前日や数日前の飲食などが反映されてしまいますが、ヘモグロビンA1Cを検査することで、過去1か月から2か月の間の血糖値を調べることができます。
では、ヘモグロビンA1Cの基準値はどのぐらいかご説明します。

 

正常値は、年齢や男女別で違います。20代 男性4.9%女性4.8%、30代 男性5.0%女性5.0%、40代 男性5.0%女性5.1%、50代 男性5.4%女性5.3%、60代 男性5.6%女性5,5%、70代 男性5.5%女性5.4%が正常値とされています。

 

では糖尿病の疑いになる基準値はどこからでしょうか。
NGSP基準の基準では、健康時の基準値が6.2%未満、糖尿病の疑いが6.5%以上、合併症予防の基準値が7.0%未満となっています。
6.2%を超えている場合は、過去1か月から2か月の間で血糖値が高い状態が続いていることを示します。

 

ヘモグロビンA1Cが正常値以上の6.0%を超える人は、血糖値のコントロールができていない可能性が高いため、食生活や運動を見直す必要があります。7%を超す人は、そのまま放っておくと血糖値が高い状態が続き、さらにヘモグロビンA1Cの値が高くなります。8%以上の人は、血糖のコントロールができていません。病院に行かずに放置しておくと合併症を引き起こしてしまいます。8.4%以上の状態が続くと、両脚の痺れや足の感覚がなくなり、視力の低下、失明の危機になります。さらに人工透析が必要になってしまい、命の危険にさらされることになります。

 

まずは、検査でヘモグロビンA1Cの数値が正常値より高めになった場合は、早めに病院を受診しましょう。早期に治療を開始することによって、進行をおさえたり改善することができます。

 

また、今では薬局でヘモグロビンA1Cの検査をしてくれる薬局が増えてきました。検査の方法は簡単です。検査キットを渡されてごく少量の血液を検査するだけです。血糖値が少し気になるという方は薬局なら手軽に検査ができます。

 

血糖値を下げる食品について

 

ヘモグロビンA1Cを下げるサプリ・食品・方法を徹底解説

 

食品を摂取してから血糖値が上昇する過程に着目すると理解しやすいと思われます。食事に含まれる糖分は消化されながら消化管内を移動し、小腸で吸収され、血液内に移行します。ここで初めて血糖値として観測することができます。

 

その後、エネルギーとして使用されたり、筋肉や肝臓などに貯蔵されることで低下していきます。ということは血糖値には食品摂取から少し時間をかけて一気に上昇して緩やかに低下するという経過があります。

 

このため血糖値を低下させるためには吸収の過程を邪魔すれば良いということです。ここでグリセミック・インデックス(GI)と呼ばれる指標があります。この指標は食後血糖値の上昇度を示す指標で、同じカロリーでもGIによって血糖値の上昇度が違うということです。なぜそのようになるかというと、食品ごとに糖の吸収しやすさが違うためです。

 

例えば米とうどんを比較してみましょう。米は粒の形がしっかりしていて、よく噛まないと消化が良くなく、一気に吸収されません。一方、うどんは粉状のでんぷんを成形しただけなのですぐに形が崩れて一気に吸収できます。ということはうどんを食べると食後一気に血糖値が上がり一気に落ちるということになります。

 

もちろん米よりも良い食品は多くあります。また、おこわ等を作るとさらに良いでしょう。食物繊維を含む食品を摂ることも良いです。食品ごとの具体的数値はwebで調べてみましょう。

 

上記の考え方を拡張すると食品だけではなく、食事の方法についても工夫の余地があります。例えば、食事のはじめにごはんやパンなどの炭水化物を一気に食べて後からおかずを食べるよりもごはんとおかずを交互に摂った方が糖の吸収速度は低下します。結局は極端な食べ方を辞めればかなりの効果が期待できるということです。

 

また、空腹感は食後の血糖値が急激に下がることで引き起こされます。低下が緩やかであれば空腹感が起こりにくくなるので、良い食品や食習慣はおやつを食べたいという欲求を低下させることにつながります。したがって、ある意味一石二鳥の対策です。

血糖とは、血液中のブドウ糖の量を指します。

 

ヘモグロビンA1Cを下げるサプリ・食品・方法を徹底解説

 

ブドウ糖はエネルギーとして使われるので、血糖は一定の濃度に保たれているのが普通です。
しかし、糖尿病では血糖を調整するインシュリンの働きが悪くなったり、不足したりするので血液中にブドウ糖が溢れ出てしまうようになります。
血糖値の基準は、空腹時と食後2時間血糖の2つの基準があります。
空腹時血糖は70?109mg/dl、食後2時間血糖は140mg/dl未満が正常値です。

 

 

健康な人でも1日の血糖値は70?130md/dlを推移しているので、食前と食後では大きな差が出ます。食事をすると炭水化物が吸収されて血糖値が上昇します。
血糖値の値を測るときには、夕食後から絶食して、朝一番に空腹の状態で血液を採取して、酸素法による自動分析器にかけて測定します。

 

 

医療機関で測定する場合には静脈血を使います。静脈血で測ると動脈血や毛細血管の血液で測るよりも10~20mg/dl低くなります。
なので、糖尿病の人が自己血糖管理で使う簡易血糖測定器で測るときには、医療機関の数値よりも10?20mg/dl高くなることを考慮に入れておきましょう。
早朝空腹時血糖値が126mg/dl以上or食後血糖値が200mg/dl以上の場合は糖尿病の疑いが強いです。

 

 

この場合にはブドウ糖負荷試験(GTT)、血中インスリン活性検査を行います。これによって正常型、境界型、糖尿病型の診断ができます。
糖尿病と診断されたら、さらに合併症の有無を調べるために眼底検査や尿たんぱく、神経などの検査も行います。
高血糖から考えられる病気には、糖尿病以外にクッシング症候群(顔が丸くなり首の付け根が太くなる)、肝炎、膵炎、肝硬変、末端肥大症、などがあげられます。
また、ストレスなどで血糖値が上昇することもあります。

 

 

低血糖の場合にはインスリンノーマ(膵島線腫)の疑いがあります。これは膵臓でインシュリンを分泌する細胞に腫瘍ができて、インシュリンが大量に分泌されてしまう病気です。

 

低血糖の原因

 

ヘモグロビンA1Cを下げるサプリ・食品・方法を徹底解説

 

糖尿病の原因は糖の取りすぎと言われていて、糖を過剰摂取することが体のためにはよくないというのはよく知られたことですが、逆に糖が少なすぎても体にはよくないとも言えます。なぜなら糖が足りない状態を低血糖といい、命が危険にさらされることもあるからです。低血糖は血糖値が70mg/dl未満になると起こりやすく、血液中のブドウ糖が少なくなった状態のことを言います。

 

低血糖の原因として考えられるものは、糖尿病の治療に使われるインスリンの過剰投与、食事摂取の不足、アルコール摂取、内服薬の使用量過多、抗不整脈薬などの外因性と、胃下垂、インスリン感受性の高い人などの内因性があります。実はこの低血糖は糖尿病の患者だけではなく、誰でもなってしまう可能性があります。例えば朝起きたあとの空腹時低血糖や食事の後にも低血糖を起こしている場合があります。

 

ただしほとんどの場合が自然に治るので気付かないことが多いのですが、なかには無自覚性低血糖といわれるものは症状が現れないため、何も行動ができずさらに悪化しかねないことがあります。低血糖の症状として、ふらつき、めまい、空腹感、無気力、だるさ、手足の冷え、集中力の低下、生あくび、目のかすみ、低体温などがありこれは血糖値が下がることによって血管内のメカニズムとして、体が血糖値を上げなくてはと反応して、交感神経が活発になるから起こります。

 

交感神経は先程の症状を起こして血糖値が低いぞと体に教えてくれるとともに、一番大事な脳を血糖値から守るためにシャットダウンします。対処方法としては、甘いものを口にすることで改善されます。といっても飴やジュースでは必ずブドウ糖が含まれているとは限りません。

 

ブドウ糖は葡萄やイチジク、柿などのフルーツのほかに蜂蜜などにたくさん含まれている単糖の一種です。タブレット状になったものやチップ上になったブドウ糖なら即効性があり、常備もしやすいので携帯にも便利です。

更新履歴